ラベル W124 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル W124 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年12月28日木曜日

年末、年始の営業について






本年も残すところあと数日になりました。


当店は下記の日程で休業させていただきます。


12月29日 〜 1月4日


年始は5日より通常営業いたします。







私のS124(E280)の足廻りのリフレッシュが

この年末に完了しました。

ショック、ブッシュ類など総入替の状態です。
(ショックアブソーバーは2回目)





興味のある方は試乗も出来ますので

お問い合わせください。








本年も皆様方には大変お世話になりました。


来年も相変わらぬご愛顧を賜りますよう

よろしくお願い申し上げます。









2017年10月21日土曜日

S124納車 300TE   E320T






先日購入していただいた2台の
S124の納車準備が終わりました。


どちらも以前からお付き合いのあるお客様に
ほぼ即決で購入していただきました。

アルマンダインレッドのE320Tの方は
同じ320のセダンからのお乗り換えになります。


納車整備は320の方は直近まで車検や点検など
当店でしておりましたので、状態の把握もできて
おり、通常通りの車検整備で済みました。

タイヤは状態のよかったセダンの方から移植。
装着にあたってはコーティング、バランス再調整を
しました。




一般的なバランスウェイトはどうしても脱着の際に
ホイールに傷がついたりします。






こちらは純正タイプ。
BMWとかでも使用されていたと思いますし、
このタイプだと傷はほとんど気になりません。

当店ではできるだけこのタイプのウェイトを
使用しています。





300の方は前回の車検から当店で整備して
おりましたが、今回の納車整備で
ウォーターポンプ、サーモスタット、ベルト、
ベルトテンショナー&ダンパーなど、
消耗品の予防的な整備をしております。



それから、2台ともに足廻りを中心に防錆コートを
施工いたしました。









これも2台共に今回装着してみました。



LEDのヘッドライト用バルブになります。

以前はHIDバルブを取り付けていたこともありましたが、
ヘッドライトケースも加工が必要だったり、中の反射板が
変色したりするので最近はほとんど純正のハロゲンのまま
納車することが多かったです。


以前、IPFの物をW201に装着して良かったので
今回も同じ物を装着することにしました。
(気心知れたお客様なのでテストも兼ねて)

LEDはHIDと違い基本ノーマルのバルブと交換して
カプラーを差し替えるだけでいいので、配線の処理や
加工などの手間がかかりません。


ところが、中期型の300の方には問題なく装着
できましたが、後期の320の方はカバーに収まりきらず
ダメでした。




<  300TE  >


ヘッドライトは前期、後期でレンズが違うだけで
ケース自体は同じだと思うのですが、
LEDのヒートシンク部がカバーに当たってしまいます。

というわけで、色々大きさを比較してみると
PIAA製のものが少し短いようなので
急遽取り寄せてみました。

IPF製の方は台座から後ろが46mm
PIAA製は後ろが42mmで4mm短い。



<  E320T  >


結果、PIAA製の方はうまく収まりました。
PIAA製の方が少し明るく、少しだけ高価です。

あとはカバーで密閉してしまうので放熱が
うまくクリアできればいいのですが。














2017年8月4日金曜日

'94 S124 アルマンダインレッド






4年前に販売した車両が

下取車で入庫しました。


詳しくはこちらで。


当時販売する時にATは降ろして

フルオーバーホールしています。


その後も

・ラジエター
・ヘッドガスケット
・ファンブラケット
・ファンクラッチ
・サーモスタット

など交換しています。



足回りはショック等は以前に

交換済みで問題ありません。


ETC、社外のキーレスを取り付けて

いますが、その他はオリジナルです。








珍しい内装色との組合せで

人と違った車両をお探しの方には

ぴったりです。


状態や整備内容を考えると

かなりお買い得だと思います。






2017年5月2日火曜日

W124 300E マフラー交換、修理






1993  300E
116,000km



今回点検でお預かりしたW124は

当店からMAZDAへ納車している

300Eです。



納車から5年、56,000km走行され、

概ね好調ですが、経年劣化が少しづつ

出てきています。








リヤマフラーの錆び。






触媒の錆び。







リヤマフラーは新品に交換し、

触媒の方は薄板を溶接して

補修しました。






ラジエターのサブタンクへつながる

フィッティングからの漏れ。







古くなると根元からポッキリ折れる

ことがありますが、

今回はシールリングの不良。


写真を撮り忘れましたが

ワイパーリンケージも交換しました。


ここ最近1本ワイパーのリンケージが

ダメで在庫の中古の良品に交換

することが増えてきました。


ほとんどが中の樹脂ギア不良です。

新品のユニットの供給が

まだありますが、高額なので

社外品ですがギア部のみ交換する

部品があるので何個か交換して

ストックしておこうかと思っています。
















2017年2月4日土曜日

S124 E320T ボールジョイントブーツ交換など








1995  E320T

264,000km



ここ何年か整備させていただいている

E320のワゴンが車検で入庫しました。

距離は走っていますがしっかりと

整備された車両です。



オーナーの方からは最近燃料ポンプ

からの音が大きくなったのと、

リヤショックの収まりが悪く跳ねる

とのこと。


点検していくと確かに燃料ポンプの

音は少し大きめ、リヤショックは

効いてない感じ。








ポンプはフィルターと共に交換。






リヤのショックはアキュームレーター

がダメで交換。






交換は工具が入りにくいのと

サビで固着していることが多いので

気をつけないといけません。

交換後エア抜きをして完了。



他にもフロントのジョイントブーツの

破れがありました。






ただ、ここはE320はロアアーム一体で

ジョイントのみの交換ができません。


ガタはほとんどありませんでしたので

ブーツのみ交換。





ブーツは純正ですが他車用を流用。

ブーツのみの設定もありません。


220や280はジョイントが

交換可能です。














2016年10月26日水曜日

W124 S124  リヤハブベアリング交換





1994  E320T
191,000km






走行中の異音をなおしてほしいとの
ご依頼です。



当店へ持ち込まれる前に他のお店で
色々と調べて何点か部品を替えられた
ようですが、肝心の異音が治らない。




早速試運転するとリヤのハブベアリングが
片方ダメのようです。






この半年で数台見てきましたが、
リヤのハブベアリングで異音の
でているものは焼き付いていて
ハブがまず抜けません!






かなり頑丈な純正のSSTでも工具の方が
壊れる始末です。(泣)







純正のSSTであれば車上で交換できて
しまうのですが、抜けないものは
ハブキャリアを下ろして15tのプレスに
かけようが、キャリアをガンガンに熱して
プレスしようが外れません。

色々試しましたが、ベアリングを
焼き切って外すしかありません。










もちろん同時に左右を替えるのですが、
異音の出ていない方はSSTですんなり
抜けるので、ここはなるべく早めに
予防交換しておきたいところですね。








ベアリングは社外品も出ていますが、
精度が悪いので純正品で交換します。











2016年6月16日木曜日

S124 E320T メンテナンスでお預かり




1995  E320T

259,000km



いつも修理等でわざわざ山口県から
お越しいただいているS124を
お預かりしました。


今回は

・リヤバンパーレール割れにて交換
・ワイパー可動部のグリスアップ
・ボンネットインシュレーター交換
・エンジンオイル、フィルター交換

です。


リヤバンパーはレール部のみの割れ
だったので、レールのみ新品を
塗装して交換しました。


ワイパーのグリスアップは
以前のブログを見られて気になる
との事で作業のご依頼です。

 


 

ワイパーユニットはフロントガラス下の
ゴムモールと一体で外れます。

 

 
表側のカバーを外すとスライド部は
グリス切れしています。

後期型の124はユニットごと
取り外さなくても表側のカバーは
外れますので、この部分には簡単に
グリスアップすることができます。
 


 
中のギヤ部へのグリスアップは
リンケージを外してやらないと
いけません。

 

 
ワイパーユニットを外したついでに
ブロアモーターの軸受けに給油して
おきます。

この部分には「SUPER ZOIL」を使用。

 

 
ダクト周りの隙間を埋める
スポンジがボロボロだったので、
高耐候性のスポンジテープで補修。






ボンネットのインシュレーターも
古いものを粉まみれになりながら
きれいに剥がし、
新品をスプレーボンドで貼り付け。






エンジンオイルの交換は
A.S.H. VSE  10W-40



当店ではエンジンオイルは
を使用しております。

100%化学合成のVSEと
鉱物油のものを使い分けています。



比較的新しめの車両用に
最近試験的に入れてみました。