2017年10月21日土曜日

S124納車 300TE   E320T






先日購入していただいた2台の
S124の納車準備が終わりました。


どちらも以前からお付き合いのあるお客様に
ほぼ即決で購入していただきました。

アルマンダインレッドのE320Tの方は
同じ320のセダンからのお乗り換えになります。


納車整備は320の方は直近まで車検や点検など
当店でしておりましたので、状態の把握もできて
おり、通常通りの車検整備で済みました。

タイヤは状態のよかったセダンの方から移植。
装着にあたってはコーティング、バランス再調整を
しました。




一般的なバランスウェイトはどうしても脱着の際に
ホイールに傷がついたりします。






こちらは純正タイプ。
BMWとかでも使用されていたと思いますし、
このタイプだと傷はほとんど気になりません。

当店ではできるだけこのタイプのウェイトを
使用しています。





300の方は前回の車検から当店で整備して
おりましたが、今回の納車整備で
ウォーターポンプ、サーモスタット、ベルト、
ベルトテンショナー&ダンパーなど、
消耗品の予防的な整備をしております。



それから、2台ともに足廻りを中心に防錆コートを
施工いたしました。









これも2台共に今回装着してみました。



LEDのヘッドライト用バルブになります。

以前はHIDバルブを取り付けていたこともありましたが、
ヘッドライトケースも加工が必要だったり、中の反射板が
変色したりするので最近はほとんど純正のハロゲンのまま
納車することが多かったです。


以前、IPFの物をW201に装着して良かったので
今回も同じ物を装着することにしました。
(気心知れたお客様なのでテストも兼ねて)

LEDはHIDと違い基本ノーマルのバルブと交換して
カプラーを差し替えるだけでいいので、配線の処理や
加工などの手間がかかりません。


ところが、中期型の300の方には問題なく装着
できましたが、後期の320の方はカバーに収まりきらず
ダメでした。




<  300TE  >


ヘッドライトは前期、後期でレンズが違うだけで
ケース自体は同じだと思うのですが、
LEDのヒートシンク部がカバーに当たってしまいます。

というわけで、色々大きさを比較してみると
PIAA製のものが少し短いようなので
急遽取り寄せてみました。

IPF製の方は台座から後ろが46mm
PIAA製は後ろが42mmで4mm短い。



<  E320T  >


結果、PIAA製の方はうまく収まりました。
PIAA製の方が少し明るく、少しだけ高価です。

あとはカバーで密閉してしまうので放熱が
うまくクリアできればいいのですが。