2017年9月29日金曜日

W201 190E 2.5-16 エアコン修理





'92  190E 2.5-16

W201



少し変わった車が入庫していました。

7月末に問い合わせがあり
かなりお困りの様でしたので
時間はかかるかもしれないことを
了解の上、入庫していただきました。


症状はエアコンのコンプレッサーの
クラッチが走行後しばらくすると
切れ、再始動で繋がるがまた切れる。

これまでにリレーや圧力スイッチなど
交換したり、電装屋さんでいろいろ
点検してもらっても状況が変わらず
お手上げ状態とのこと。


普通だったらあまり受けたくない
感じの案件でした。


というのも
エンジン載せ替えられています。







4気筒ツインカムから
6気筒ツインカムのM104に
ミッションごと載せ替えてあります。

エアクリーナーは違いますが
W124用のものがHFMも含め
そのまんま載っています。

しかも載せ替え完了してから
まともに作動した事がないそうで、
どの様に改造してあるのかも不明
だと一から探っていくのは非常に
時間がかかります。


まずは基本的なガス圧の点検や
かくスイッチ類の作動、リレーへの
信号、電圧測定など一通り点検するも
問題なし。


手持ちのリレーやHFMまで交換して
みたり、、、



最終的にはコンプレッサー本体の
不良ではないかと思い品番を調べると
装着されているコンプレッサーは
どうやら124用ではなく
W202用のものが着いている
ことが判明。

載せ替えてあるエンジンは
最終型の124のものだと聞いて
いたので、オートテンショナー付き
だし、まさか202のコンプレッサー
だとは品番を調べるまでわかりません
でした。






当然、制御方法が124と202では
違ってきますのでコンプレッサーからの
信号の出方も違うんじゃないかと。


と、まあここまでにもかなり時間が
かかってます。


で、コンプレッサーを交換してみようと
すると、ブラケットも違い、ホースも
違ってすんなりといかない。









ホースは中古を取り寄せ、
コンプレッサーのホース取付部が
新品にはついてこないので
うちの部品取り車から移植。


コンプレッサーはもういきなり
新品投入。


ホースもそのままでは当然つかないので
加工して、フューエルクーラーもなしで
取付。(初めから付いてなかった)








結果、無事正常に作動する様になりました。



画像を残し忘れましたが、
コンプレッサー&ブラケット交換で
ベルト外すのにエンジンが
ギチギチに載ってるので、
バンパー、ライト、アッパーサポート
など外してやっとなんとか工具が
入るスペース作れるくらいです。





全体的には綺麗に載せ替えて
あるのですが、
なにせ各部ギチギチのクリアランスで
工具すら入らないところもあり、
整備性は非常に悪いです。